令和3年8月16日

東京2020・第32回オリンピック競技大会最終結果は、史上最多58個ものメダル獲得(金27、銀14、銅17)という快挙!
この日本選手はじめとした各国アスリートの目覚ましい活躍と感動のお陰(だと確信しています)で、5月の東京新聞社による世論調査では「中止するべき」60.2%、「観客制限開催」17.3%、「無観客」11.0%だったところが、先日9日付・読売新聞社の調査では「東京五輪が開催されてよかった」64%、「開催されたのはよくなかった」28%という大きな変化です。

しかし、このお祭りムードの直接的な影響があったかどうかは別ですが、新規感染者数は高止まりかつ重症者数は右肩上がり、と…。

以下、令和3年お盆前後の活動報告です。

---

8月8日(日・祝)移動してきた「山の日」。前日夜から同日昼まで台風10号警戒で連絡待機、風雨の隙を見計らって午後から消防操法訓練@南多摩水再生センター。

夜は東京2020・第32回オリンピック競技大会閉会式を自宅で視聴。

 

9日(月)振り替え休日。政経塾政策部会鳥組による『学校の歴史教育が変われば日本が変わる』をテーマにした、斉藤武夫・元小中学校教師によるZOOM勉強会に参加。

「ホモサピエンスとしての命ではなく、文化や歴史を継承した『日本人』としての命である」「担任教師一人が変わればその1クラスの生徒は変わる(救われる)」等々、深いご示唆をいただき、最後には自治体における教科書採択の現場(一部圧力団体、政党が押し掛ける現状)について意見質疑もさせていただきました。

 

10日(火)市役所にて市民相談対応(各部署と調整)、夜は第1回稲城市制施行50周年記念 映画「二宮金次郎」上映実行委員会に出席。

11月7日(日)第一回上映13:00~・第二回上映15:00~、場所:稲城市立中央文化センターホール、鑑賞料:大人1,000円・小学生~高校500 円・未就学児無料、チケット販売開始日9月1日(水)と、以上の内容で決定!
チケット販売場所は、いなぎ発信基地ペアテラスと、稲城市役所地下売店が確定。他、若葉台と平尾のそれぞれに1店舗ずつ販売協力をいただく予定です。
ご入り用の方は、私まで直接ご連絡いただいてもチケット手配します!→買う

 

11日(水)本来なら「山の日」ですが平日。午前中は盆入り前のお墓掃除。
に地方制度研究会ZOOM会合、日本青年会議所関東地区東京ブロックわんぱく相撲大会ZOOM会議、稲城青年会議所8月通常総会の3つ、今回は稲城JC総会を優先して出席。来年度の稲城青年会議所体制が審議可決され、私は引き続きの副理事長(予定者)に承認されました。

…来年は11年以上に渡るJCライフのラストイヤー、気張って参ります!

 

12日(木)、市民相談対応で新政会・川村議員と私の2人でお受けしました。なかなか面白そうな企画提案で、今後の進展が楽しみです♪

東京都児童養護関係の有識者である黒田様にご来稲いただき懇談を実施。児童養護は都道府県管轄ではありますが、市としても関わりがあるショートステイについてを含め、諸事深いご示唆をいただきました。他、市民相談対応2件、消防団関連等。

 

13日(金)は子ども福祉部と委員会所管事務調査に関する打ち合わせ、市民相談対応1件。市役所からの帰り道、平尾の梨農家・山芳園さんを訪問して諸談義。…今年は春の暖かさによる花粉つけが早かったこともあり、梨品種『稲城』も例年より1週間ほど早い期間となっています。お求めの方はご注意を!


14日(土)はお盆休みを頂戴しました。外出自粛、これまで手が付けられなかった資料の読み込みや、家の植栽整理等々。

…そして、ベト病に罹ってしまい本年は全滅の憂き目を見ることになった我が家のシャインマスカット。腐った房全てを泣く泣く全廃棄。

 

15日(日)、終戦の日。2年連続の不義理もどうかと思い、また『不要ではない』と判断。感染症対策を万全にした上で、昨年諦めた靖国神社参拝を決行。同地では多くの同志らにも遭遇し、諸談義できました。

コロナ禍下、また雨天にも関わらず、ただただ静かに参拝に並ぶ多くの人々に、ある種の感銘も受けました。
帰路、稲城駅トラジェさんに立ち寄り嬉しいプレゼント(陶器類)をいただきました♪

---

東京五輪の夏ですが、今から89年前、22回前の第10回オリンピック競技ロサンゼルス大会では、西竹一陸軍騎兵中尉(最終階級は大佐、以下バロン西)が愛馬・ウラヌスと共にグランプリ障害飛越競技で優勝金メダルを飾っています。これは現在までにオリンピック馬術競技において日本が獲得した唯一のメダルです。
今回の東京五輪開会に先立ち、先月7月にはバロン西が使用していた鞭が米スポーツ振興財団・LA84ファンデーション(ロサンゼルスオリンピック組織委員会が設立)から日本の遺族へと返還されたニュースが流れて感動しました。(これは米軍に奪い取られたものではなく、戦後に遺族が寄贈したものがまた戻って来たという経緯)
…まだ小学生当時の私が、大東亜(太平洋)戦争史に興味を持つきっかけとなり、将来的に政治の道に入ることへ少なからず影響を与えた読み切り漫画『風と踊れ!~時代を疾走ぬけた男・バロン西~(週刊少年ジャンプ掲載)』。
それから数十年後、5年前(平成28年)の8月には、バロン西の最期の場所となった硫黄島を訪島させていただく奇跡もありました。→硫黄島慰霊訪島記
彼の戦争から4分の3世紀を過ぎ、世界のパワーバランスも変化。今回の五輪メダル数トップを争った1位・米国と2位・中国。中国(以下CHINA)の覇道的膨張主義に周辺国が脅かされる中、3位・日本としてどのような舵取りをするか。(今回のメダル獲得数1・2・3位はそのままGDP1・2・3位でしたね)
災害は忘れた頃にやってくるではなく、連続してやって来ています。そして彼の戦争についてはその実体験者らも高齢化し、だいぶ風化が進んでいます。
国を、故郷を、家族を想い、命を未来に賭け、散華された先人達に心からの感謝を捧げると共に、今を生きる我々がどうすべきか。…毎夏、深く考えさせられます。

さて、本日は朝から市民相談対応1件(体育館使用基準関係)と本サイト更新作業が一段落。これから昼飯食べて、午後はもう1件の対応です。

2021年08月16日